FC2ブログ

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ:―

  狂歌について

皆様どうもこんにちは。筆致俳句【HITCH-HIKE】Soleilでございます。
このところの地震の多発に、否が応でも暗い不安を感じてしまいますが、皆さ
んは避難袋とか、用意していますか?
わたしは…………してません。しないとなぁ、とは思っていますがなかなか…。
きっとドタバタしているであろう永田町でも、避難袋が間に合わなかった感が渦
巻いていそうな気がします。

前回の記事で『日本三大盆踊り』についてご紹介しましたけれど、
地震にも『富士山三大噴火』といわれているものがあります。
中でも、江戸の中期に起こった宝永大噴火は、比較的最近のものでもあり多数の
記録が残っているので
どこかで聞いた(または読んだ)ことのある方も多いのではないでしょうか?
富士山の噴火する直前に大きな地震があり、地震後はその火山灰で長く人々を困
らせたという天災です。

今考えても、その苦労は計り知れないものですが、日本には「転んでもただでは
起きない」という風習がずっとずっっっとずぅっと昔からあるのを忘れちゃいけません。
こういう天災や飢饉、または今の与野党逆転のような、政に大きな変化がある度
に育った文化があるのです。


『狂歌』

狂歌(きょうか)とは、社会風刺や皮肉、滑稽を盛り込み、五・七・五・七・七
の音で構成したの諧謔形式の短歌(和歌)。
狂歌の起こりは古代・中世にさかのぼり、狂歌という言葉自体は平安時代に用例
があるという。
落書(らくしょ)などもその系譜に含めて考えることができる。独自の分野とし
て発達したのは江戸時代中期で、享保年間に上方で活躍した鯛屋貞柳などが知ら
れる。
特筆されるのは江戸の天明狂歌の時代で、狂歌がひとつの社会現象化した。
狂歌には、古今集などの名作を諧謔化した作品が多く見られる。これは短歌の本
歌取りの手法を用いたものといえる。
近代以降、狂歌は全くふるわず、現在でも愛好者の多い川柳と対照的である。
Wikimedia

誰もが知るような名歌を捻って、時事ネタを織り込んだり、
またはわかり易く風刺してみたり、と
文字より音で情報が伝播していった時代には、時勢を知る何よりの情報源だった
のでしょうね。

(★…狂歌/☆…元歌)

☆これやこの行くも帰るも別れつつしるもしらぬもあふさかの関@蝉丸

★これやこの 行も帰るも 風ひきて 知るも知らぬも おほかたは咳
前述の宝永大噴火の時に詠まれたものです。
火山灰で気管を病んだ人が多かったことが伺える一句。
地震は火砕流による被害の辛さが詠まれていない事も、
江戸の風流(ふりゅう)だったのかも知れませんね。


★白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき
白河は、寛政の改革を行った松平定信の領地で、前任者・田沼意次の裏のある政
治の方が良かった、という歌。
そういえば先月まで季節はずれの幹線道路工事が、至るところで行われていまし
たね。ふむ。


★金は内藤志摩守 すそからぼろがさがり藤
これは今の長野県にあった信濃岩村田藩内藤家の藩財政が困窮していたことを詠
んだもの。
財政難が極まり、藩内外の商人からした借財でしばらくを凌いでいた領主・志摩
守への狂歌です。
しかしこの領主、不真面目だったわけではないんですね。こんな逸話が残ってい
ます。

領民から借りた金が返せなかった志摩守は、借金返済の代わりに鯉を配りました

しかし領民は「殿様からいただいた鯉は食べられぬ」と用水に放流しておいたと
ころ、

その鯉が増えて、名高い『佐久鯉』になった、というのです。
さがり藤は家紋。金は内藤=金は無い、なのでしょう。

wikipediaにもあるように、川柳とは対照的にローカルになっている狂歌ですが
ある種、タブロイド紙の見出し年鑑を読むのと似てるかな、というくらい、面白
さがあるのも事実。
興味のある方はこちらなんて、オススメですよ。


江戸狂歌125選江戸狂歌125選
(2007/05)
長生 馬齢

商品詳細を見る
スポンサーサイト

タグ:―

  黒酢日記3

こんにちは!筆致俳句【HITCH-HIKE】の黒酢です。

先日、頭をサッパリさせたくて美容室に行ってきたのですが
美容師さんにうまく意図が伝わらずテクノカットみたいになってしまいました。

「伝わらないという想いが伝えたいという欲求に変わり、そこに豊かな表現が生まれる」と劇作家の平田オリザ氏は言いましたが、そうすればこの失敗ヘアーもいずれは何らかの表現欲求に変えていけるのだろうか?なんて80年代の坂本龍一氏のような頭髪を撫でつつ物思いにふける今日この頃であります。そういえば私が通っていた大学の生協内の床屋さんでは、「反町隆史みたいにしてください」と頼んだ学生がソリコミを入れられたという都市伝説の様な噂がまことしやかに流れていましたが、いつの時代もコミュニケーションは難しいものですね。

まだまだ日中は残暑が厳しいですが、皆様も体調の管理には充分お気をつけ下さい。
それではまた。

第三回テーマ「風鈴みたいな音楽と言葉 10選」




バラ バラを求めていなかったバラ
(フェデリコ・ガルシア・ロルカ)





遠く汽車の窓辺からは 春風も見えるでしょう
そこで涙が出ないのも 幸せのひとつなんです
(「春風」/くるり)





学問は 尻から抜ける 蛍かな
(与謝蕪村)





夏休みが終わったみたいな顔した僕をただただ君はみていた
慰めもなく優しさもなくそっと過ぎてく季節を
はしゃがないで見守ってたあの人に驚きと感謝こめて歌うだけだった
(「感謝(驚)」/THE FISHMANS)





美香さん気球に乗りましょう
(叶恭子)


(おまけ)


  盆踊りについて

皆様どうもこんにちは。筆致俳句【HITCH-HIKE】Soleilでございます。
お盆休みも終わり、休日慣れした体も少しずつ元の生活を思い出してきた頃でしょうか。
それとも、大渋滞の運転で「仕事をしていた方がラクだった」という気持ちになっていますか?

さて、お盆といえば忘れちゃいけないのが盆踊り。
実はこれ、ちゃんとした仏教行事だって知ってました?

盆踊りとは元々は仏教行事である。平安時代、空也上人によって始められた念仏踊りが、盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事という意識になっていったようである。室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったといわれている。 現在も、初盆の供養を目的の盆踊りも地域によっては催されている。太鼓と「口説き」と呼ばれる唄に合わせて踊る。口説きは、地区の伝統でもある。初盆の家を各戸を回って踊る所もある。昔は旧暦の7月15日に行われていた。故に盆踊りはいつも満月であった。Wikipedia

今では盆踊りを開催する地域も減ってきているようですが、こんな意味があったんですね。

なかでも、“三大盆踊り(西馬音内の盆踊り、阿波踊り、郡上おどり)”といわれるうちのひとつ、郡上踊りはお盆の13~15日の間、夕方から明方まで夜通し踊り続ける「盂蘭盆会(徹夜踊り)」が催されることで有名です。
その郡上、実は歌人と縁の深い土地なんです。

郡上八幡には「日本名水百選」の第1号に指定されたことで有名になった湧水、宗祇水があります。
その名前の由来になったのが、和歌の西行、俳句の松尾芭蕉、短歌の山頭火に並ぶ、連歌を代表する飯尾宗祇という人物。
東常縁(とうのつねより)から「古今伝授」を受けるために郡上を訪れた宗祇がこの泉のほとりで過ごした事から、彼の名前がつけられたそうです。

もみぢ葉の ながるる竜田 白雲の  花のみよし野 おもひわするな (常縁)

三年ごし 心をつくす 思ひ川  春たつさわに わきいづるかな(宗祇)


郡上を出る宗祇に、常縁が詠み宗祇が返したこの歌から「白雲水」とも呼ばれるこの清流は、
多くの文学者に愛され、また、今も地元の人々によって守られています。
遠野物語で有名な柳田國男の、一番の愛弟子折口信夫(釈迢空)もこの地を訪れ、
大火が起こり焼け野原になってしまった郡上を詠んでいます。

焼け原のまち(町)の最中(もなか)を行く水の せゝらぎ澄みて秋近づけり


東京の夜も、エアコンがなくても過ごし易い気温になってきました。
目を閉じて耳を澄ますと秋の足音…いや、8月30日まではもう少し熱気が続きそうですね。

  これでおしまい

こんにちは。筆致俳句【HITCH-HIKE】のねぎ坊主です。

先日、図書館から「ご予約の本が届きましたよ」とのTELがきました。
何を予約してたっけ……?
122人待ち状態の『ジョーカーゲーム』でも来たか?!と思い、
早速受け取りにいくと、この本でした。↓


● 『これでおしまい ―歴史に名を残す人物たちの辞世、最期の言葉』
  加来 耕三(グラフ社)


戦国時代から、江戸、明治まで160人が残した最期の言葉を集めた一冊。
遺言や最期の言葉は、この世で最も純粋な言葉なのかもしれません。
この本に掲載されている中から、特に印象に残った言葉をいくつか紹介します。

◆「ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」 細川ガラシャ
        
◆「露と落ち 露と消えにしわが身かな なにはの事も 夢のまた夢」 豊臣秀吉

◆「この世をば どりゃおいとまに 線香の 煙とともに 灰さようなら」 十返舎一九

◆「越し方は 一夜ばかりの心地して 八十路あまりの夢を見しかな」 貝原益軒

◆「四十九年 一酔の夢、 一期の栄華 一盃の酒 」 上杉謙信


辞世の句=この世に別れを告げるときの句って、どんな気持ちで考えるのでしょうね。
私もこんな辞世の句を詠んでみたい……。
個人的には、十返舎一九の句が好きです。湿っぽくないし、最後までユーモアがあるところがいいです。ちなみに、タイトルになっている「これでおしまい」は勝海舟の言葉だそうです。
いざ!という時にカッコイイ辞世の句を詠めるように、俳句短歌の勉強をしてみようかと思います。

この本でたくさんの辞世の句や最期の言葉を読みましたが、そのなかに「夢」という単語がすごく多く出てきたのが印象的でした。上記でも、豊臣秀吉と貝原益軒、上杉謙信が「夢」という言葉を使っています。天下統一を果たしても、80年生きても、お金持ちも貧乏人も、人生が終わる瞬間に感じるのは全部が夢だったような、そんな儚さなのかもしれません。


それでは、また★

  すぐれた俳句とは?

こんにちは。筆致俳句【HITCH-HIKE】のスイカです。
今日は俳句について面白い一節があったので紹介します。
まずはこちらを――。

 俳句では、主観は、花鳥風月に仮託されて、間接にしかあらわれない。自然事象の結合は、俳人の主観の介在によってのみ行われるけれども、主観がぎらぎら表面に出ているような作品は格が低くなる。主観が積極的に作用しているのは、小さく個性的な作品を生み出す。
 真にすぐれた句を生むのは、俳人の主観がいわば、受動的に働いて、あらわれるさまざまな素材が、自然に結び合うのを許す場を提供するときである。一見して、没個性的に見えるであろうこういう作品においてこそ、大きな個性が生かされる、と考える。

外山滋比古『思考の整理学』(P.56)


思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


この文章は、外山滋比古『思考の整理学』の中の一節です。この本は、すでに20年以上も経ちますが、今なお売れ続けている超ロングセラー本です。2008年には、「東大・京大で1番読まれた本」ということでなお売れ続け、80万部を突破したそうです。先日、「王様のブランチ」(TBS)でも特集が組まれていました。

「売れ続けるには理由がある」というように、この本にもその理由があるのです。それは本の内容がまったく古さを感じさせないということです。タイトルの通り、どのように自分のアイデアや情報を整理し、活用し、そこから発展させる方法論が書かれています。情報で溢れかえり、積極的にそれらを取捨選択しなければ生きてはいけない、この現代社会にこそむしろ有用ではないでしょうか? いくらコンピュータなどのデジタルツールが普及しようとも、アイデアや情報を活用するのは人間であり、活用するための考え方が重要であるということです。

さて、冒頭の引用は54ページから始まる「触媒」という項目の中の一節です。一般的に芸術的創造(創作)は個性の表現と考えられていますが、自分を出してはならない、個性から脱却しなければならない(没個性説)という考えを、俳句を用いて具体的に表した文章です。さて、あなたはこの一節をどう思いますか?

  お盆について

こんにちは。筆致俳句【HITCH-HIKE】Soleilでございます。
もうすぐお盆ということで先週末から高速道路は渋滞が始まっているようです。

今回はそんな旬のネタ「お盆」に関する出来事にちなんだ、ぐっと心を捉える川柳をネットから少し拾ってみましたので紹介します。


盆帰省 夜行列車を 懐かしむ 「JTB 旅ものがたり川柳」

現在の帰省手段はだいたいマイカー、新幹線、もしくは深夜バスが多いのではないでしょうか。
例の高速道路の千円問題の影響でお盆中の空の便、鉄道の予約状況は前年を割り込んでいるとのこと。JRは定期外の臨時夜行の運転も見送りだそうで、友達の鉄道好きが嘆いていました。


盆休み グーグルアースで 帰省する 「5050jp」

この方は仕事が忙しくて帰省できなかったのでしょうか。微妙に歌から背徳感情が見え隠れするので、もしかしたら私用で帰省を取りやめにしたのかも…なんて勘繰りをしてしまいます。グーグルアースで実家を見たときに家族の姿が見えてしまったりしたらもっと罪の意識が増すのでは…とか他人事ながら心配になってしまうような句です。


盆休み 留守番しながら 大掃除 「5050jp」

この人にとってのお盆とは「迎えるもの」なんでしょうね。
自分もそうなんですが、帰省で実家に帰ってもなんだかんだであっちこっち遊びに出てしまって殆んどウチにいないんですよね。お客様のような顔をして飲み食いして汚して遊び歩く、そんな親不孝者への反省の念も込めて掲載してみました。


最後は真面目にこちら
盂蘭盆会 ご先祖様と 酌み交わす 「JTB 旅ものがたり川柳」

盂蘭盆会とはお盆の正式名称で仏教用語だそうです。
お盆に兄弟や親戚一同がそろって酌み交わすお酒はまたひとしおで、ご先祖様も同席しているかのような明るさに満ち溢れていますよね。童心に返った気がするのは先祖のみ心に包まれているからかもしれません。



毎年お盆には家族で海外や旅行に出かけてて最近お墓参りしてないな、なんて人は今年こそ先祖のお墓参りに行かれては如何でしょうか。墓前で手を合わせる行為は過去から連綿と続く自らの先祖とのコミュニケーションです。年に一度でもそういった機会を設けるのは心の大きな支えとなるかもしれませんよ。

  黒酢日記2

筆致俳句【HITCH-HIKE】の黒酢です。こんにちは。
酒井法子さんはどこに行ってしまったんでしょうね?
おーい、マンモスヤッピー!

さてさて、私は週末にフリーマーケットを回るのが大好きです。コミュニケーションが楽しかったり金額が安価でリーズナブルっていうのもありますが、それより何よりジャンクな品物の群れから自分の価値観だけを頼りにお宝を発掘するという行為は他の何にも変え難い面白味があります。

話を芸術鑑賞に置き換えてもそれは同じで、既に評価の定まった古典の名作を鑑賞するのはそれはそれで学ぶ事も多く大切な事だしハズレも少なくて良いのですが、私はどちらかといえば、未だ陽の目を浴びず世評の確定していない未知なるインディーズ作品を鑑賞する事の方が、作者と観客の間に真剣勝負があり、観る者の逃げ場ない鑑識眼を問われるような感じがしてワクワクします。

成金さんが応接間にエッフェル塔のレプリカを飾って「やっぱりシャガールは最高ねえ」なんて光景はいかんともしがたく退屈ですが、自己主張の弱い未来の天才が埋もれてしまう可能性を少しでも減らすため、また21世紀のシャガールとの出会いを貪欲に希求する為、出来れば鬼籍に入るまで現役の鑑賞者でありたいなと願っています。

とはいえ、世の中にある全てのインディーズ作品を鑑賞するのはさすがに物理的に不可能で、やはりある程度「ふるい」にかけないといけません。その作品を選ぶにあたり、大きな要素になるのがビジュアルイメージとタイトルです。私は、「人の意識は(どう隠そうとも)表層に現れる」と素朴に信じていて、外見に志を感じられない作品は中身もやっぱりダメなことが多いし、ましてや「僕の、世界の、中心は、君だ」という絶句しそうなタイトルに誰もお金は使わないですよね。

そこで今回は、作者の有名・無名を問わず、私が思わず身を乗り出してしまい、時に財布の紐を緩ませた作品タイトル・ネーミングなどをご紹介したいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

第二回テーマ「グッときたネーミング 10選」

●そのぬくもりに用がある
(サンボマスター/Sony music)

●洗濯機は俺にまかせろ
(宮崎和雄/第65回小説現代新人賞)

●春にして君を想う
(フリデリック・フリデリクソン監督「Children Of Nature」邦題)

●灼熱のドッヂボール
(古厩智之監督作品)

●お前はただの現在にすぎない
(萩元晴彦・村木良彦・今野勉 共著/朝日新聞出版)

●極楽特急
(エルンスト・ルビッチ監督「Trouble In Paradise」邦題)

●いつもと変わらぬ103回目の夏
(‘08年に行われた小津安二郎監督特集上映の副題)

●御起立ジャポン
(椎名林檎/ツアータイトル)

●ジュリアナ農協
(高校の時の学祭にて、野菜を販売していたクラスの出店名)

●空気公団
(生まれて初めて「ジャケ買い」ならぬ「バンド名買い」したアーティスト。聞いた話によると最初は「空気公園」と名乗る予定だったのが、登録の際か何かに間違って「空気公団」と書いてしまい、「まあいいか」って事でこの名前に落ち着いたらしいが、「空気公園」だったら何の魅力も感じないし、ミニアルバム「呼び声」「ここだよ」を即買いして自宅で聴いてガッツポーズを取ることもなかったので、書き間違いに感謝したい)


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
プロフィール

アート愛好集団「筆致俳句」

Author:アート愛好集団「筆致俳句」
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
バナー
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ブログランキング
最新記事
タグ

 歴史 旅行 文化 夏休み 短歌 俳句 写真 音楽 書籍 舞台 宇宙 ブログ 小説 漫画 思考 アート 芸能 川柳 アイデア 映画 言葉 美術 文芸 盆踊り コミュニケーション 

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。